時事その他についての考察

ドラマ「エルピス」で引用された安倍氏のついた嘘。彼は何故嘘をつき続けたのか。

ドラマで引用された場面とは、安倍氏が東京オリンピックの招致、開催に際して福島原発の事故処理は問題なく行われていると断言した会見である。

「everything is undercontrol」という言葉が印象的であった。

この場面は長澤まさみ演じる主人公のテレビ局のアナウンサーが、自分はニュースキャスターどれだけ真実を伝えてきたのだろう、日々の仕事に追われて与えられた情報をオウム返しに伝えていただけなのではなかったか、と自省するシーンと絡められていたこともあり、ツイッター上でも大きな反響があった。

その多くは制作陣の覚悟や信念などを称賛するものであった。

また、称賛とともに、このくらいの政権批判が称賛の対象となってしまっている現状を憂いる発言も見られた。

更に少数ではあるが、安倍氏の功績を貶めるかのようなドラマ作りに対して批判する人たちもいた。

私個人としては、やはり良くこんなドラマ作ったな、と制作者たちを称賛する人たちと同じ感想を持つ者ではある。しかしそれだけではないと考える者でもある。

まずは安倍氏の発言は本当に真実ではなかったのかという問題がある。

あぁまどろっこしい。面倒な言い回しはやめる。要するに、安倍さんは知ってて嘘を言ったわけであり、それはそりゃあオリンピック招致してる時に、政権の頂点に立つ人が原発の汚染水の処理には手こずってるとは言えないよね、という話だ。

ドラマがそれを考えに入れて作られているのか、ありきたりの権力批判で終わるのかは知らない。そもそも主題はそこにはないのかも知れない。

ここで僕が言いたいのは究極的に安倍の発言をどう考えたらいいのかという話だ。

おそらく、政治的には彼の発言は正解なのだろう。オリンピック招致で国内外にアピールしなければならない場面で原発の処理が上手くいっていないという人はない。

営業マンが自社製品の欠点を言わないのと同じことだ。

また、何らかのトラブルが起こったときに、リーダーが部下に落ち着け、問題なく処理できるから大丈夫だと仮に自分にも自信がなくても言わなければならないこととも似ているだろう。

しかしながらこういう考え方はあくまでも

『オリンピックは招致されなけれればならない』

ことが前提として考えられなければならない場合に当てはまることだ。

国内外に嘘を撒き散らすのと、オリンピックの招致のどちかに優先順位を付けるべきかが問われれば、私ならばオリンピックは諦める。また、それが妥当な判断だと思う。

更に困った問題がある。

政治家が支持団体に配慮した政治を行うのは普通なことだろう。オリンピック招致で言えば建築業界や広告業界などからの要望もしくは支持があっただろうことは誰でもわかる。

問題は、それが国益と衝突した時にどういう判断ができるのかということだ。

建築広告業界などから要望を受けてオリンピック招致に乗り出す。ここまではいい。やって悪いことではない。うまく行けば国民全体の利益にもなることだろう。

しかし、原発事故の処理が計算通りにはいかなかったということは招致の前提からして崩れてしまったということだ。

事故処理の遅れにもかかわらず強引に招致を進めることが国益に適っていたとは思えない。

そしてもしも安倍氏が招致をやめなかったのは、自らの支持団体とひいては自分の利益のためだけだとしたら、それは責められなければならない。

安倍氏と業界の癒着がどの程度のものであったのかはまだ結論の出ている話ではないだろう。世論が先走っている可能性も残っている。

しかし状況証拠を見ると、また常識的に考えても全く誤謬がないということはないだろう。

人間社会のことなので、裏で我々にわからないようにやっている限りでは、これはある程度は仕方がない。問題はほとんど露わになっているにもかかわらず、それが野放にされてしまっているということではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。