時事その他についての考察

プロ野球日本シリーズ第二戦

オリックスにとっては勝ちを逃した引き分け。

しかし、結果として12回までやったので、追いつかれたショックは緩和された。

重要なのは阿部の抑え失敗と12回に投げた近藤の快投。 

どうやら第一戦の結果で平野は外した。少なくとも抑えで起用することはなさそう。

代わりに阿部を指名したのだがおそらくプレッシャーに負けてしまった。

もしも今後は近藤を抑えにして、阿部は中継ぎにすることになったら、それが成功することになったなら、この引き分けはオリックスにとっては価値のあったに引き分けということになる。

なんといっても近藤は12回までは投げなかった、つまりはそういう順位の投手だったのだから。 

勿論、中嶋監督がどう判断するのかはわからない。どう考えようとも、それは監督の専権事項なので、外野がどうこういう話ではない。第三戦以降の起用法を見てみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。