時事その他についての考察

宰相の条件

これは中選挙区制から小選挙区と比例代表の並立制が行われてからの話になる。

それ以降、最初期の橋本龍太郎氏と任期中に亡くなられた小渕恵三氏を除くとまともな期間総理でいられた人は小泉純一郎氏と安倍晋三氏の二人だけだ。

この二人の共通点はなにか。色々あるだろうが優れたユーモア感覚とそれに伴った人間的な魅力が大きい。(二人の人間的魅力は国会答弁での振る舞い、やり取りがネットで見ることができる)

それは民意が直接反映される制度にあっては指導者に不可欠な資質になっているといえないか。(本当は同じく魅力的な麻生太郎氏の政権は短命であった。だから勿論それがあればいいというものでもない)

短命で終わってしまった首相たちの中には政権を運営する能力も意志もあった人たちも多かっただろう。きちんとした仕事をされた人もいるかもしれない。

しかし結果的にはその政権は短命で終わってしまった。

これは、我々国民に優れた指導者を見抜く目がないという問題もある。しかしながらこの問題はすぐに解決するものではない。

政治家に、少なくとも宰相になる人には国民を惹きつける魅力が必要不可欠の資質となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。