時事その他についての考察

旧統一教会の問題で自民党を叩くのは正しいがその先はどうなるのか

すっかり終わった人だと思われていた石破氏の復権があるかもしれない。

旧統一教会絡みの一大スキャンダル。まだ着地点は見えないが、普通であれば少なくとも自民党主流派は失墜して、同党の権威は地に落ちるだろう。

それは、そうでなくてはいけないことなのだが、それが我が国にとって、その国益に好ましいことであるのかはまた別問題だ。

自民党内の力のある政治家たちが権力を失うことは勿論いいことではない。

それに取ってかわれる人材がいればいいのだが、そうはいかないだろう。

勿論、と言わなければならないのが残念なことだが、自民党以外に政権を担える政党はない。

そうなると、弱体化した自民党に政権を任せなけれければならないということになる。

冒頭で述べた石破氏の復権とはそういう意味だ。

旧統一教会とは無関係でありかつ実力のある政治家は限られるだろう。

石破氏や河野太郎氏にはチャンスなのかもしれない。

しかし、そうなると、石破氏がどうというわけではないが、日本は今の世界史上の大きな転換点を弱体化した政府で乗り切らねばならないことになるのかもしれない。

自民党内の権力基盤の組み換え工作はすでに始まっているのかもしれない。

しかし、自民党の弱体化を最小限にするために、象徴的な何人かを切ることで事態を乗り切ろうとする勢力もあるかもしれない。

何といっても、最も罪が重そうな安倍晋三氏は既に亡くなっている。

安倍氏に罪の大半を背負ってもらうやり方も当然ある。

今後、旧統一教会との繋がりを排除しなければならないのは当然としても、関係を持ってしまった者たちをどこまで断罪するのがいいのかというのはネット民がいうような簡単なことではないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。