時事その他についての考察

カルト宗教の問題が厄介な理由の一つは単に規制しても解決にはならないことだ

これは暴力団の規制と同じことだ。

暴力団と言われる組織に対する規制をしても、そもそも暴力団というものが生まれる原因はあり続けるのでその暴力性と犯罪性は変わりのもの(暴力団の場合はいわいる半グレ、と言われる集団)に取って代わられることになる。

そうして、対暴力団であれば、警察にはそれなりの対応法方法があったが、半グレという新たなものにはそれまでの対応方法が当てはまらない。新たな対応方法が出来るまでにはしばらく時間がかかるだろう。

それは相手がカルト宗教であっても同じことが言えるだろう。

例えば法律によって旧統一教会を弱体化することは出来るだろう。

しかし、それで問題が解決するわけではない。

我々の中にカルト宗教を必要とする心が残っている限りそれは別のものに形を変えて新しく現れてくる。

そうして、新たに出てくるものはそれまでのものより厄介なものである可能性が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。