時事その他についての考察

性的少数者に対する偏見がないだけで多様性を語る資格があると思っちゃってる人たちは反省したほうがいい

自分が嫌っているもの、自分に敵対するもの、自分の利益を害するものも肯定できて初めて多様性を語る資格がある。

ただ、それは常人のできることではないので自分のことはある程度棚に上げておいて現状を良くする努力をすることは認められるべきこと。

ただ、反省は常に忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。