時事その他についての考察

称賛されている大谷翔平の人間性

《言うまでもないことですが大谷選手の活躍、人間性はいずれも素晴らしいものです。以下の文は誹謗中傷を目的とするものではありません。そうではなく、ただ称賛するのではなく、我々も大谷選手の領域に近づくための考察です。勿論どうやっても我々にはアメリカ野球の一軍で活躍することはできませんが、彼の示してくれている人間性に近づくことはできるはずなのです》

称賛される大谷氏の行動は基本的に自分のためにやっていることだ。

これは根拠なくいっているわけではなく、本人も言っていることだ。野球場に落ちているゴミを拾う行動が称賛されたとき、“ゴミというものは運であり、これを公共の場所に捨てるということは自分の運を捨てているということ。これを拾うことは棄てられた他人の運を拾うということ”という意味のことを言っていた。

実際にその行いを見聞きして我々はますます彼のファンになっている。これが彼のプラスにならないわけは無い。

こういうと彼の全ての行動は利己的なものであると言っているようだ。

しかしそうではない。

基本的には性格の良さと育ちの良さによるものなのだろう。おそらく少年の頃からそれは変わっていないのだろう。

ただ、長ずるに従って行動に理論的な裏付けもつけたということだろうと思う。

例えば、年若い頃には誰かから“ただのエエカッコしいぢゃないか”と非難されることもあっただろう。その時には傷ついたかもしれない。

でも今ならば涼しい顔で“そうだよ、自分のためにやっているだけだよ”と言えるだろう。

私は(失礼ながらおそらくあなたも)大谷さんのように素直な性格ではない。

だから普通に行動してしまえばひねくれたこともするだろう。

しかし、他人に親切にすることは何よりも自分の得になることが理解できていれば良い人間として振る舞うことができるだろう。

すなわち、これは性格の問題ではなく知識の問題なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。