時事その他についての考察

二階幹事長がまたしても衆院解散を示唆する発言。傲慢というよりもはや愚か。

《事実上日本国の最高権力者であろう人にこんなことをいうのは何ですが》

衆議院の解散は内閣総理大臣の専権事項だということは大して政治に詳しいわけでもない私でも知っていること。

にも関わらず何度もそれを犯して自らに解散権があるかのような言動をくり返すのは自分を客観的に見えていないからではないか。

少し前のことになるが二階氏はNHKの武田真一アナウンサーとのインタビューでされた政府のコロナ対策への反省的はあるかという至極真っ当な質問に対して政府のやることに文句を言うなという意味の発言をしていた。(検索すれば見られると思います)

念のために言いますがきちんと約束されたインタビューでです。歩いていたら突然マイクを突きつけられたわけではありません。

傲慢というよりも愚かです。

政治力があることは確かなのでしょう。また歴史上傲慢でありながらまたはそう見えながらいい政治をした人たちは多くいるでしょう。(大衆を軽蔑しながら国益に尽くすことができるというのは不思議といえば不思議。おそらく国家という幻影に尽くしているのだろう)

二階氏もその一人ではないとは私には言い切れない。

しかし言えることは彼の言動は自らと菅総理の権力を確実に弱めていることだ。

今政権が取りあえずは安定しているのはコロナの脅威が無くなるまで政変は起こさないほうがいいと皆が思っているからに過ぎない。

菅政権が今までやってきたことを見るとコロナ後にその予想を覆すことが出来るとは思えない。

菅氏が退陣しても自分は幹事長に残れると思っているのであろうか。幹事長を辞めても隠然たる力は残ると思っているのであろうか。(それはそうだろうが)

このまま行くとまた一年ごとに総理が変わるという事態に戻ってしまう。

何より危険なのは不安定な政権は大衆を煽って人気を得る、時流に乗るだけが取り柄の権力者を生み出し易いことだ。

今の流れでは着実にその道を進んでいると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。