時事その他についての考察

特に役所の仕事は数字だけで評価されがちだが、今後は感情、ストレスなども考えにいれて欲しいものです

例えば、自動車の飲酒運転が多く、政治課題としてこれを解決しなければいけないとします。

今までのやり方ですと、検問など取り締まりを強化するとか、罰則を強くするなどのことをするのでしょう。

当然、飲酒運転は減るでしょう。そうして、それをもって、対策は成功した、ということになるのでしょう。

しかし、ここでは取り締まりを受けたことにより、たとえ違反をしていなくても生まれる、私たち一般市民のストレス、いらいら、時間のロスなどは全く考えられていません。

さて、社会が成熟し、豊かになると、一般市民の要求も高くなります。 飲酒運転の結果と思われる事故が増えた、減ったという事実だけでなく、私たちの感情に対する気遣いも必要になってくるはずです。

また、偶然か必然かは知りませんが、器具や機械も、AIが象徴するように、そういう要求に対応できうるものが出来つつあります。

こういうことは社会的なことだけでなく、娯楽の分野でもはっきりしてくるのではないでしょうか。大した落ちや内容もないのに謎解きだけで引っ張り、見終わってから見るんじゃなかったと後悔させるようなものは、分野に関わらず廃れていくのではないでしょうか。

と、いうような事を原付の一方通行違反の切符を切られながら考えました。違反して切符を切られるのは仕方ないのですが、標識が見えにくいのですよね。ポールの標識以外に、例えば道路に白字で書いてあってもいいと思います。まったく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。