時事その他についての考察

本来絶対的に教育するべき二つのこと

一つは、お金の事です。人生において、大変に大きな意味を持つお金のことを、教育に合わないなどという理由で教えないのは、はっきりと申し上げて、怠慢です。

高校では、今でもケインズ経済学までは教えるのでしょうから、それから進んで、現在行われている論争、今で言うと、主流派経済学とリフレ派の論争、さらにはMMT経済理論なども、ざっくりでもいいので、教えるべきです。

そして、何よりも株式を初めとする金融などは必須です。

お金儲けの王道ともいえる、これらの方法に触れずに、勤勉こそが人としての道などと、(正しいし、素晴らしいのですけど)貧乏一直線の 生き方だけを推奨するのは、やはり無責任です。

もう一つ、不可欠なことがあるのですが、それはさらに繊細な話なので、項を改めて述べたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。