時事その他についての考察

世情を煽るのは、商売だからです。

例えば、日本の組織は誰かが責任をとる体制になっていないので、同じ失敗がくり返される、という批判。官公庁の縦割りが柔軟な意志決定を阻害しているという指摘。

いや、その分析は正しいのでしょうけれども、もう、それはわかりました。必要なのは、原因を突き止めることと、解決策を考えることでしょう。これが一つ。

もう一つは、そういう言説はことさらに世情を煽って、必要以上に危機意識を高めようとしています。これは、彼らも商売をしているわけですから仕方のないことでもあります。ですが、私たちとしてはあまり本気にしないのがいいです。結局のところ、欠点のないものなどは世の中に存在しないわけですから、どんなものでも何らかの欠陥はあります。大切なのは、欠点だけをみるのではなく、長所も同時にみなければならない、ということです。欠点を正そうとして、長所を台無しにしてしまうことはよくあることですから。

はじめに指摘しました批判には、その視点がまったく、欠けているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。