時事その他についての考察

緊急事態宣言延長はいいのですが内容は見直すべき

おそらく多くの人も同じ意見だと思いますが、宣言期間の延長には、賛成します。しかし、これを機会に、その内容は変えて頂きたいものです。

それにはまず、今考えられている「どのようにして感染してしまうのか」をあらためて冷静に考えなくてはいけません。

いわれていることは二つ、飛沫感染と接触感染です。様々な施策はひとえにこれらを避けるために、それのみを目的として行われなければならないわけです。

悪い例として、少し前になりますし、当然、改善されていることと思いますが、電車の本数を減らす、というものがありました。これは、皆が残った電車に集中してしまい、その結果として人口密度が高まる、という、目的と効果が逆になることとなってしまいました。

これは反省されているはずなのですが、現実には同じ種類のことがいまだに行われています。商店の営業時間の短縮です。

これが、空いていなければ行かない、という種類の店ならばそれもいいでしょう。飲食店とか。

しかしながら、どちらにしろ行かなければならない、もしくは行く店であれば開店している時間に顧客が集中してしまうのは当たり前だと思いますが。どちらかというと、なるべく営業時間は伸ばしてもらって、来客をばらけさせるべきだと思うのですが。

こういう種類のことは本当は現場に聞くべきなのです。営業時間を短くして、混雑の具合はどう変わったのか、混雑を少なくするには営業時間はどうしたらいいと思うか。こういった類いのことはパートのおばさんに聞くのが一番なのですが、やらないでしょうね。

飲食店に対する指導も若干、ずれているようです。食事を提供する店に関してはその営業を認めるのであれば、時間の短縮よりも顧客同士の距離を離すことのほうがより、重要なはずです。これは、お店側が自分で判断してやられているところはやられているようです。しかし、行政の側ですでにここまで細かく指導しているのですから、これは、行政から要請するべきことの一つでしょう。

やたらに叩かれているパチンコ店も、冷静に考えればそこまで非難されることはないはずです。稼働台数を減らして接触を避けさせればいいのではないでしょうか。来客の制限はしなければならないでしょうが、そこまで考えたうえでの指導ならば店も顧客も今よりは納得しやすいのではないでしょうか。

パチンコなどは不要不急の最たるものだ、といわれる方もおられるでしょうが、例えば私たちも一日中部屋でぼんやりとすごしているわけではないでしょう。テレビ、ゲーム、スマートフォンなどを利用しているはずです。もしも、仮に、仮にです、テレビその他を使うのにはカードとかコインのようなものが必要で、それはまとめ買いができなくて毎日、しかるべき所で買わなければならないとしたらどうでしょうか。たとえその場所が混みあってしまうところでも買いに行くでしょう。わたしは行ってしまいます。

不要不急といえばゴルフの打ちっぱなしも不要不急のはずですか、感染リスクは比較的少ないとはいえ、自粛の対象にはなっていません。

パチンコが特に責められるのは、危機的状況の時にいつも起きることがまた起きているだけなように思われます。すなわち、いじめる対象をつくってそれを叩くことです。パチンコはそれに選ばれただけのことです。

スケールは小さいし、それほど直接の被害もでていませんが、関東大震災のときに朝鮮の人たちがいわれのない迫害を受けたのと同じことが起きているのです。

遊園地などの娯楽施設は早々に自粛したではないか、といわれる方もおられるでしょう。それに比べてパチンコは、といいたい気持ちはわかりますが、彼らが休業に踏み切ったのは、世間の評判も含めてお金の計算をしたまでです。特に会社として、経営者として上等というわけではありません。顧客の種類が違いますし。娯楽施設のトップの人たちも、もしも冷静に考えられるだけの頭脳があるならば、パチンコ店には同情しているのではないでしょうか。

大体、パチンコが駄目ならばテレビの収録だって駄目でしょう。いくら出演者の間の距離をとっているといったってしゃべらないわけにはいきませんから感染の可能性は低いとはいえないはずです。(パチンコの打ち手は黙ってます)スタジオ?収録をする人たちはそこまでいかなくてはいけないですし。そうして、実際に特定番組内での感染があったのですから。

テレビは、特に二ュースは公益性が高いから例外になるはず、というのは驕りでしょう。

何故こういう意見がおもてに出ないのかというと、当たり前の話ですが、言論を握っているのがマスコミだから、ということになりますでしょう。(新聞など出版業界も、テレビを敵に廻しても面倒なので黙っているのでしょう)よく、“ネットでの言論”といわれることがありますが、わたしはその、“ネットでの言論”が具体的にどこにあるのかを知らないのでそこではどうなっいるのかは知りません。同じことをいっている人がいることを願いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。