時事その他についての考察

中国のゼロコロナ政策は政権を揺るがすか

世界がコロナ終焉を迎えるなか、ゼロコロナ政策を続けている中国のみが立ち遅れている。

いずれ、国外との交流を再開せざるを得なくなるが、中国から見た外国人には一定の割合で無症状のウィルス保持者がいるだろう。

これを入国時の審査で完全に阻止することはできない。

つまり、より高度のワクチンの開発など劇的ともいえるウィルス阻止の方策が確立しない限り中国はコロナが猛威を振るう最後の国ということになる。

それも、その他の国々が安泰を誇っているなかでだ。

完全に見える習政権だが、この大きな失政を乗り切ることが出来るだろうか。

それに一つ穴が明らかになれば、その他のほころびも大きく取上げられるものである。

その独裁手法は現場の実情と乖離していないはずはない。まぁまぁ大きな失政は沢山あるはずである。

習政権の倒壊だけでなく、共産党の瓦解まで、一応考えには入れておかなければならないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。