時事その他についての考察

「集住」というのだそうだ

1/8日付の日経新聞の記事で初めてその言葉を知った。

人工減少の時代に、効率的で生産性を向上させるには、人工を都市部に集中させる必要があるという意味だそうだ。日経の記事は、実際にそれに沿った政策もとられているのだが、なかなか進まない、という主旨であったようだ。(ようだ、というのは無料版ではほとんど見出ししか読めないから)

皆さんはこれをどう思われるだろうか。

日本は昔から人工の割には国土が狭いと言われてきた。しかも国土の多くを森林が占めているので(確か七割)さらに居住地が不足しているのだと。だから日本の家やアパート、マンションは狭いのだと。

日本の人工減少は大いに問題であるかもしれないが、世の中に悪いことだけしかないことは無い。

その良い面は一人当たりの土地が広くなることだと思っていた。

国を動かす立場の人たちはそうは思わないらしい。

わからない、これは何かしらの癒着や思惑があるのかもしれない。(例えば都市部の土地価格の下落を止めたい不動産業界の圧力とか)

そうでないとしたら、彼らは目先の経済にしか関心が無くなってしまって、国民の本当の幸福のことなどは考えられなくなってしまっているのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。