時事その他についての考察

女性の権利を訴える人たちがインチキ臭く見えるのは何故か?

建前を本質だと思い込んでいるからです。

女性の地位向上が叫ばれているのは、それが実現した方が皆が得をするからです。

女性というだけで、能力もやる気もあるのに、それに身合った仕事が出来ないのは当人だけでなく、社会全体の損失です。

女性の地位の向上がいわれているのはそれを皆が感じているからです。女性の人権や公平性などの理由は後付けです。

別段、本質的な理由を打ち出して運動してもいいのではないかと思うのですが、人間は大義名分、もっともらしい理由が好きなようです。

好きなだけではなく、それが無いと物事を変える力が生まれ難いとも言えます。理屈より感情の方が強いということでしょうか。

と、いうわけで、建前を全面に押し出して発言する人がおられるわけですが、失礼ながら、物事を上っ面しか理解していないので軽薄かつ、インチキ臭く見えてしまうのでしょう。(言っていることが間違っているわけではありません、ただそういう人たちは時にやり過ぎたり、本質からずれたことを言い出すことがあるので注意が必要です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。